記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

【ナマズロッドの代表作】スミス 鯰人【紹介&インプレ】

スミス 鯰人 69M インプレッション
やませ

どうも、ナマズに会いたくて震える者です。今回はスミス 鯰人になります。どうぞご覧下さい。

記事の内容
  1.  スミス 鯰人 69M 紹介
  2.  スミス 鯰人 69M インプレ 
  3. スミス 鯰人 69M 要チェックポイント
これらに注目
これを解決
スポンサーリンク

スミス 鯰人 69M

スミス 鯰人 69M

日本のナマズに正面から向き合いました。1ランク上のゲームを極めたい。より一層楽しみたいからこそ、専用ロッドをリリースします。基本設計は、水面から水面直下のレンジを攻略する、ルアーフィッシングの提案です。サーフェイス(トップウォーター)系を扱うのロッドでありながら、乗り重視のアクションに加えナイトゲームを十分考慮に入れた上で、ロッドの感度にもこだわりを求めた設計です。

対岸へのロングキャスト、小場所でのアンダーハンドによるピッチングにおいて、思い通りのルアーコントロールを可能とさせる、62MLに比べややファーストな設計としました。

シャローレンジ、障害物周りでのストライクが多い事や、流れのある中流域でも果敢にアタックする個体、そして足場の高いアプローチを視野に入れ、さらにトルクフルなバットセクションを備えました。

公式の説明です。

も少し説明すると

スミスからリリースされている鯰ロッド。専用ロッドとしては、他のメーカーよりも先駆けて発表された記憶があります。現在はリニューアルされ、こちらのロッドは旧モデルとなります。

こんな感じです。

スペック

  • 全長  6’9″
  • 継数  1 (グリップ脱着式)
  • 自重  164g
  • ルアー 3/16〜3/4オンス
  • パワー M
  • 金額  31,000 

色々と基準になるロッドだったと思うので、金額的に当時の鯰専用ロッドとしては、妥当な値段設定ですかね。ただ、最近はもう少し安い値段で他のメーカーがロッドをリリースしているので、印象としてはお高く感じるかもしれません。

ラインナップ

  • 62ML    軽さ重視のモデル
  • 66M   オールラウンド仕様
  • 69M   パワーモデル
  • T74M    ロングなテレスコ仕様
  • S65ML  当時は珍しいスピニングモデル

今回の69Mを含め、5本程シリーズとして展開していました。それぞれ特徴のあるモデルですので、自分の通うフィールドに合った一本を選ぶことが出来ます。

全体図

スミス 鯰人 69M 全体図

グリップ脱着式。ガイド数は8個。若竹がイメージされたストライプ柄です。

ワックスの塗布はデイ・ナイトゲームどちらの釣りでも有効です。特にナイトゲーム主体の方は余計なトラブル防止の為、ご使用をオススメします。

ガイド

スミス 鯰人 69M ガイド

トップのみT-FSTチタンフレームSicを採用。その他の部分はLNSGステンレスSicを使用。

リールシート・グリップ

スミス 鯰人 69M リールシート・グリップ

ECSタイプリールシートを採用。ノンスリップ加工でグリップはハイグレードAAコルクを使用しています。

ロゴ

スミス 鯰人 69M ロゴ1

鯰の画と「和」のテイストの毛筆調・漢字の書体を採用。

スミス 鯰人 69M ロゴ2

裏に対応表記が記されています。

グリップエンド

スミス 鯰人 69M グリップエンド

特にロゴもなくバランサー等も入っていません。

スミス 鯰人 69M インプレ