もはや定番!!サーフのフラット狙いはダウンショットリグ

フラット狙いはダウンショットリグ インプレッション
スポンサーリンク
やませ

どうも、平べったいサカナが大好きな者です。今回はバス釣りでは、おなじみのダウンショットリグです。ヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュ狙いにも有効ですので是非使ってみてください。

記事の内容
  1. サーフ用ダウンショットリグの説明 
  2. ズボラなダウンショットリグの作り方 
  3. ズボラなダウンショットリグ のポイント 
これらに注目
これを解決

ダウンショットリグ

バス釣りでは言わずと知れたメジャーなリグの一つですね。日本発祥で、「常」に「吉」なリグで常吉リグとも呼ばれています。ネコリグ同様、村上晴彦氏が広めた凄いリグです。

サーフでダウンショット?

サーフで仕様するダウンショットは分類で言えばヘビーダウンショットですね。通称ヘビダン。通常のダウンショットで使用するオモリよりも重量のあるものを使います。もちろんお使いの竿のキャパと相談の上オモリを選んでください。折れても責任持ちません。
大体サーフで使用する重さとなると18〜42gくらいになるかとは思いますが。

レンジキープしやすい

オモリが底を擦っているならば、針からオモリまでの距離がレンジになります。テンションが掛かっている状態で巻いてくるだけです。もちろん水深や波などの影響はありますが、プラグやジグヘッドを巻いてレンンジキープするのと比べて断然楽に行えます。

地形変化がわかる

オモリから色々と情報が上がってきます。例えば、巻いていて重くなるところがあります。そこがブレイクラインになります。サーフですと、なかなか障害物や地形変化などが見た目だけではわからないことが多いので、オモリからの情報を頼りにポイントを選定することができます。

スローで誘える

巻きの線の釣りから、ピンポイントの点の釣りに変えられます。先ほどのブレイクの辺りでシェイクを入れたり、スローに誘えます。渋い時などは巻きの釣りですと、どうしても追ってこれないサカナもいるでしょうし、ゆっくり巻くと海底を擦ってくることもあります。

ロストの際のダメージが少ない

作成する手間が少しかかりますが、プラグやジグを無くした時の悲しみと比べて、心に余裕がもてます。やっぱり財布に優しいのはありがたいです。

 

良いこと尽くめではない

そんなに凄いリグならみんな使っています。やはり一長一短がありましてそこを理解して使いこなすのが良いでしょう。

手返しが悪い

じっくりするとなると一投に時間がかかります。シーズン最盛期など場所がなかなか移動できない時などは問題ありませんが、ガンガン、ランガンには向かないですね。ダウンショットでも巻きに対応できるので、それだけに拘れば幾らかはマシになります。

収納がちょっと面倒い

リグはそのまま仕舞うとグチャグチャになりますので、出しやすく仕舞いやすい物に巻きつけておくのが良いでしょう。再利用する際もスムーズに行えます。

ズボラな交換式ダウンショットリグ

ズボラな交換式ダウンショットリグ

サーフに行けば色々なプラグやジグやらを投げたくなるのが釣り人ってものですので、バス釣りみたいに直結でリグってたら時間かかってしゃーないです。ちゃっちゃとやりたいです。

ポイントは縦アイのフック

横アイ+リングでいいよと思うかもしれませんが、可動域が広がる分、動きが止まった際にワームがラインと一直線になります。個人的にコレが嫌いで縦アイにしてます。しかし状況によっては有効かもしれません。各自お好きな方お使いください。

使い回し可能

縦アイですのでフックが横を向きません。スナップをそのままアイに取り付けるので、素早く交換可能です。仕舞う時に何かに巻きつけとけば、プラグ→ジグ→ダウンショット→プラグ→ダウンショットと状況に応じて使いまわせます。

長さはターゲット次第

ズボラなダウンショットリグ シンカーの長さは気分次第

ハリからオモリまでの長さですが、ヒラメとマゴチで若干違います。ヒラメ狙いの方が長いです。マゴチの方が底に張り付いてますので短いです。どっちをメインに狙っていくかで変わるとは思いますが、とりあえず少し長めにとっておいて現場で対応するのが良いんじゃないでしょうか。

ズボラな交換式ダウンショットリグ Ver.2

ズボラな交換式ダウンショットリグ Ver.2

少しパーツを増やしたバージョンのダウンショットリグです。直リグ等を作成する際に使用するオープンスイベルと、フックキーパー&フックで作ります。

ズボラな交換式ダウンショットリグ Ver.2

パーツをスキマから通してカシメるだけなので難しくありません。スイベル仕様なのでラインのヨレが気になる方はこちらの方が良いかもしれませんね。

ズボラな交換式ダウンショットリグ Ver.2 コイル

フックキーパーがコイル状のものでも取り付け可能です。

ズボラな交換式ダウンショットリグ Ver.2 コイル

オープンスイベルのサイズはMを使用していますが、特に強度的に問題無いようです。どちらのダウンショットリグでもサカナをキャッチ出来ています。

フラット狙いはダウンショットリグ まとめ

ワームを使うことに対してそれぞれのスタイルや考え方があるとは思いますが、特にこだわりもなく単純にサカナに会える確率を上げたいという方にはおすすめです。スローに誘えるので活性が低い時や、初見の場所での状況の把握にも有効です。飛距離も十分出ますので、広い範囲を探ることが出来ます。

使える選択肢の中にワームが入るというのは心強いですので、お一つ作ってみては如何でしょうか。特に難しい作業もありませんのでサクッと完成します。

それと、自分の好きなワームを使う事ができるので、汁物系も使用可能になってます。他の釣りで切り札的に使用している方もいる事でしょう。それが使えるようになるのは、かなり強みと言えます。

それでは、この記事が少しでもサーフのフラットフィッシュ狙いの方のお役に立てれば幸いです。

ちなみにPEラインとリーダーの結束はFFノットです。ご参考までに。

この記事を書いた人
やませ

ブランクの時期もあったりしますが、幼少の頃より釣りを嗜んでいます。基本イジることが好きなので、釣具以外もカスタムしてきました。出先で玉コンを見かけると、つい買ってしまうクセがあります。

タイトルとURLをコピーしました