【比較記事】R18 完全シーバス VS PE X8【PEライン】

R18完全シーバス VS PE X8 インプレッション
スポンサーリンク
やませ

どうも、違いがわかる男になりたい者です。今回はシーガーからリリースされているPEラインの比較になります。どうぞ、ご覧下さい。

記事の内容
  1. シーガー PEライン 紹介
  2. シーガー PEライン 比較
  3. シーガー PEライン 要チェクポイント
これらに注目
これを解決

シーガー  PEライン

フロロカーボンのパイオニア、シーガーがリリースしているPEラインシリーズは主にシーバスをメインターゲットに据えたR18 完全シーバスシリーズと魚種を限定しない多目的用のPE Xシリーズに分けられています。それぞれのラインはカラーの違いや、8本、4本組等の組数の違い、それによるラインナップされている号数も変わってくる為、自分にあったラインをセレクトしやすくなっています。

R18 完全シーバス

名前の通りシーバスをメインに開発されたPEライン。8本組みのラインでラインナップされている号数もシーバスでよく使われている太さの物に限られています。カラーは2週類でシーガーリミテッドPEを採用。詳しくはコチラをご覧ください。

PE X8

コストパフォーマンスを徹底追及したPEライン。グランドマックスPEを採用しており、通常仕様とルアーエディションに別れています。通常仕様は細いものから太いものまで幅広くラインナップされているが、ルアーエディションは0.2〜2号までに限られており、その中でも0.2〜0.3は4本組のみのラインナップになっています。詳しくはコチラをご覧ください。

R18 完全シーバス VS PE X8 比較

以下のそれぞれの項目で比較してみました。ソルトゲームがメインによる比較となります。釣行回数、使用条件等によっては評価が変わる可能性があることをご了承下さい。

飛距離

PEラインを使うメリットの一つでもあるこの部分に関してですが、コチラは完全シーバスの勝ちと言えるでしょう。同じ8本組みのPEラインとはいえ、採用されている糸の違いやコーティングも関係しているのでしょうが、完全シーバスの方が飛んでいる気がします。勿論PE X8も飛ばないわけではなく、印象としては至って普通という感じです。

強度

ここは引き分けですね。2つのライン共に特別強いとも、弱いとも感じないという印象です。表記通りの強さを発揮していると思って頂けたらいいんじゃないでしょうか。LB表記で煽ってくるようなことはしていません。さすがシーガーです。

感度

この部分はアングラーの感覚や使用しているタックルによっても変わってきますが、どちらのラインも問題ないレベルの感度と言えるでしょう。情報がキチンとアングラーに伝わってきます。ここも引き分けです。

コーティング

この部分に関しては、完全シーバスの勝ちです。完全シーバスのコーティングと比べると、PE X8はザラッとした感じのコーティングになっています。お互いに使用している糸が違うためにコーティングを変えているのかはわかりませんが、ガイドの抜けに少し影響を及ぼすのかとは思います。気になるようなら、別途ラインコーティング剤を使用するといいでしょう。

ハリ・コシ

しなやかなでコシのある完全シーバス、それに対してハリのあるPE X8という印象です。この部分はアングラーの好みの分かれるところだと思うので、どちらが良いという事はないと思います。それにより引き分けです。ハリ・コシ共に強すぎないので違和感なく操作ができます。

色落ち

使用しているうちに色が落ちてくるのは仕方がないことですが、可能なら長く持ってもらいたいのが本音です。ここはかなりの差でPE X8の勝利です。完全シーバスに関しては、使うごとに見事に色が落ちていきます。特にグリーンは最初が目立つだけに色落ちの差が激しいです。勿論シルバーも落ちてはいきますが、グリーン程の落差ではないです。

耐久性

僅かな差ですが完全シーバスの勝ちという感じです。色と共に耐久性も落ちていくというイメージがありますが、あまり当てはまらないみたいです。両方共に使い込めばそれなりに毛羽立ちや色落ちが目立つようになりますが、同じような状態なら完全シーバスの方が強い印象を受けました。PE X8は見た目が変化すると、その分弱くなるという感じです。ただし、これもラインの交換時期が見た目でもわかりやすいという利点と捉えることもできます。

要チェックポイント

どちらのラインに対しても言える事は「コスパが良い」という事だと思います。ネットで買うと200m巻きで、大体1000円台後半あたりで購入できます。格安ではないと思われるかもしれませんが、値段からしたら両方共に十分な性能を持っています。

R18 完全シーバス VS PE X8 まとめ

シーガーといえばやはりフロロカーボンのイメージが強いブランドですが、そんな中でも両方共にキッチリと存在感を発揮しているPEラインだと思います。同じメーカーからリリースされているだけに、それぞれ味付けが異なっていますが、どちらかが特別優れているということもないので、自分に合った方を選んでみてください。

高級なラインが良いのはわかりますが、消耗品にどれだけこだわることができるのかは懐事情にも影響されます。両方共に高いラインと比べると届かない部分もあるのは事実ですが、必要十分なパフォーマンスを発揮します。

もしも気になるようでしたらお手に取ってみてください。

それでは少しでもこの記事が、お役に立てれば幸いです。


この記事を書いた人
やませ

ブランクの時期もあったりしますが、幼少の頃より釣りを嗜んでいます。基本イジることが好きなので、釣具以外もカスタムしてきました。出先で玉コンを見かけると、つい買ってしまうクセがあります。

タイトルとURLをコピーしました