記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

【オカッパリ専用】レイドジャパン バンクトレイル【インプレ】

レイドジャパン バンクトレイル アイテム
やませ

どうも、オカッパリ用バッグに悩めし者です。今回はレイドジャパン バンクトレイルとなります。どうぞ、ご覧下さい。

記事の内容
  1. レイドジャパン バンクトレイル 紹介
  2. レイドジャパン バンクトレイル インプレ
  3. レイドジャパン バンクトレイル 要チェックポイント
これらに注目
これを解決
スポンサーリンク

レイドジャパン バンクトレイル

レイドジャパン バンクトレイル

レイドジャパンからリリースされているオカッパリ用ヒップバッグ。オカッパリ専用と謳っているだけあって、各所にコダワリを持たせた作りとなっています。現在レイドジャパンからは3種類のバッグがリリースされており、それぞれタイプが違っているが容量的には真ん中に位置します。

スペック

  • 素材  外部ナイロン 内部ターポリン
  • サイズ 330×190×100
  • 金額  9000前後

人気メーカーというだけではなくて、製品自体もかなりこだわって作られている事もあり相応の値段になっています。競合の多いカテゴリーですが、ブランド力とイメージ的にも他の製品の中に埋もれるような事はないでしょう。

ラインの処理に糸クズワインダーをオススメしてます。バッグに取り付けても邪魔にならない大きさで、ラインをバッグ内に入れないので掃除もラクになりますよ。

カラー

ブラック、イナズマ、リアルツリーカモ、デジタルカモの4種類が確認出来ました。毎年では無いみたいですがカラーも追加されているようなので、これからも増えていく可能性があります。

デザイン

形状的にはヒップバッグ、ウエストバッグと言われる物にあたります。その為、ショルダーベルトが付いていませんし、後から追加する事も出来ません。このまま斜めに肩がけする事も可能ですが、基本は腰回りで完結する使い方がメインとなります。

レイドジャパン バンクトレイル インプレ

レイドジャパン バンクトレイル インプレ

カラーはリアルツリーカモ。メインはバス釣り用のバッグとして使用しています。

収納

メインポケット

レイドジャパン バンクトレイル メインポケット

大抵のモノやケースは仕切ったままでも問題なく入りますが、仕切りが無いほうが使いやすという方や、特殊なサイズのケースに対応出来るようバッグ内部の仕切りを取り外す事ができます。

フロントポケット

レイドジャパン バンクトレイル フロントポケット

大抵の場合は袋状で保管しているものを入れるようになるとは思いますが、ケースも1個はキチンと収納できます。サブ的な扱いかと思っていましたが、意外と収納力は高いように感じます。

サイドポケット

レイドジャパン バンクトレイル サイドポケット

何かと使い勝手の良いサイドポケットは、小型のケースからカメラから色々入れられると思います。ジッパー式が多い中でマジックテープを採用したのもポイント高いです。

調整

ベルト調整

レイドジャパン バンクトレイル ベルト調整

なかなかない仕様として、ベルトのバックルがバッグに固定されています。非常に地味ですが、こういう細かい細工が効くというのを体感できます。他にも余りのベルトをスッキリと収納できるようになるのは見た目的にもよろしいかと思います。

紐調整

レイドジャパン バンクトレイル 紐調整

このバッグの最大のウリの1つでもあるこの部分ですが、このゴムが最終の調整のキモとなっていてバッグの後傾を防ぐ役割りを担っています。そして、伸縮するゴムというものミソでガッチリ締めても腰の動きを制限しないようになっています。

アクセサリー

ジュースホルダー

レイドジャパン バンクトレイル ジュースホルダー

コンビニの600mlのペットボトルはギリギリ入る大きさです。ホルダーの底の方に水抜き穴が空いているので、雨が降っても水はたまりません。

プライヤーホルダー