【排熱問題】 炉ばた大将用鉄板&グリルプレート【簡単解決】

炉ばた大将用鉄板&グリルプレート アイテム
スポンサーリンク
やませ

どうも、炙るだけでは物足りなくなった者です。今回は、イワタニ 炉ばた大将用の鉄板&グリルプレートになります。どうぞ、ご覧下さい。

記事の内容
  1. 炉ばた大将用鉄板&グリルプレート 紹介
  2. 炉ばた大将用鉄板&グリルプレート インプレ
  3. 炉ばた大将用鉄板&グリルプレート 要チェックポイント
これらに注目
これを解決

炉ばた大将用鉄板&グリルプレート

炉ばた大将用鉄板&グリルプレート

イワタニ 炉ばた大将にフィットする様に加工された鉄板&グリルプレート。メーカー純正品ではなく、他の業者が炉ばた大将用に作成した製品。専門的な業者から個人作成品まで割と色々な製品が出ている。

スペック

  • 板厚  6.0mm
  • サイズ 280(横)×180(縦)×6.0(高さ)mm
  • 重量  約2.0kg(1枚)
  • 金額  4000〜

鉄板とグリルプレートを購入しました。少し前と比べると、全体的に1枚あたりの単価が下がってきていると思います。

形状

こちらはオーソドックスなタイプだと思いますが、他にも斜めに穴あき加工された物や、グリルと鉄板が半々の物など様々なデザインの物がありますので、ご自身の使用用途に合う物が見つかるでしょう。プレートの厚さも数種類あるので、お好きな物を選んでください。

派生品

鉄の製品以外にも、炉ばた大将用に加工された溶岩プレートがあります。ただ、鉄板よりも種類もデザインも少ないみたいですね。

炉ばた大将用鉄板&グリルプレート インプレ

炉ばた大将用鉄板&グリルプレート インプレ

シーズニング

手元に到着して、そのまますぐに使用という訳にはいかない製品です。鉄板に油をなじませなければなりません。詳しいやり方に関しては、ここでは割愛しますが、鉄板を熱する必要があるのでガスの容量を確認しておいてください。

選択肢が増える

網焼きや串焼き以外にも、鉄板料理が作れる様になるのは楽しいですね。プレートを交換するだけで料理の幅が広がるのは、想像を掻き立てます。それに、粉物を焼くとしても、ホットプレートとは火力が違います。

やはり焼肉

網で焼く肉もウマイですが、やはりプレートで焼くと一味違います。見た目も、気分的にもBBQではなく焼肉をしているという気にさせてくれるのは流石です。後片付けも焦げをヘラでこそげ落とせるので、基本的に網よりはプレートの方が楽だと感じました。

リフター

こちらの製品は鉄板の端に穴が空いていて、付属のヘラを突っ込んで持ち上げることが可能となっています。地味ですが非常に便利で、使い勝手がいいです。鉄板を網やグリルに交換する際に重宝します。

要チェックポイント

排熱

炉ばた大将用鉄板 排熱

グリルプレートではそこまで問題になりませんが、鉄板を使用する際のポイントとなるところです。鉄板にほとんど穴が空いていないだけに本体内部に熱がかなり篭ります。その為、ボンベもそれなりの熱を持つこととなってしまいます。特に旧型は網台にも穴が空いていないので、そのまま長時間使用するのはオススメしません。

炉ばた大将用鉄板 加工

事故のリスクを減らす為にも、熱が篭らない様に少し加工が必要となってきます。要は排熱の隙間を開けてやればいいので、網台を少し浮かせてやります。用意するのはメガネクリップ40mmです。

炉ばた大将用鉄板 クリップ

これを四隅に挟んでその上に網台を乗せてやります。この大きさだと、ギリギリじゃま棒が網台に引っかかり、ある程度は固定できます。

炉ばた大将用鉄板 じゃま棒

40mmよりも大きいサイズだと、網台がじゃま棒に引っかからないので、ガタが大きくなります。

ちなみに現行品、J、Wの3種類に関しては網台に少し穴が空いているとはいえ、どの程度排熱するかはわかりませんので、こちらも熱を確認しながら使用した方が良いでしょう。

この形の鉄板では若干の加工が必要となりますが、他に少々お値段が張りますが、排熱を考えた専用の五徳付きの鉄板もありますので、そちらを選んでもいいかもしれません。

フチなし

鉄板は見ての通りの板状ですので、フチが盛り上がっていません。その為、もんじゃ焼き等の液体が多い物ですと、台が水平でない場合は外に流れ出る場合があります。また、焼きそば等を炒めていると、油断した瞬間に食材が場外へ飛んで行くので気をつけて下さいね。

分量

お好み焼きやもんじゃ焼き等で、材料がキャベツ1/4となっていた場合は、半分の1/8の分量で作った方が良いかもしれません。1/4で作ると鉄板から食材がハミ出す勢いとなる為、作りづらいです。一気に仕上げたい気持ちもわかりますが、手間暇も酒の肴と思うぐらいの方が楽しめると思います。

そして、最後に炉ばた大将のインプレになります。ご参考までに。

炉ばた大将用鉄板&グリルプレート まとめ

お手軽に色々と楽しみたい方にはうってつけです。炉ばた大将をお使いの方は、基本的に余計な手間ヒマから解放されたい方や、時短でサクッと準備や片ずけをしたい方が多いのではないでしょうか。オプションを追加したからといっても新たな手間は増えません。増えるのは、持ち運びの際のプレートの重量だけです。

それに少し前までは、本体の値段と変わらないと言われていた鉄板やグリルプレートもだいぶ値段が落ち着いてきていると思います。勿論、厚さや加工のクオリティ次第でピンキリなのは間違い無いですが、それでも購入するハードルが下がっているのは間違い無いでしょう。

炉ばたシリーズをお持ちであれば、是非追加で購入して頂きたい製品です。オプションの豊富さも魅力の一つですし、網焼き、串焼き、鉄板、焼肉と優秀すぎるスペックを引き出せます。それと、調理できる種類が増えるのは楽しみが増える事にも繋がります。

それでは少しでもこの記事が、炉ばた大将用鉄板&グリルプレートの選定のお役に立てれば幸いです。


この記事を書いた人
やませ

ブランクの時期もあったりしますが、幼少の頃より釣りを嗜んでいます。基本イジることが好きなので、釣具以外もカスタムしてきました。出先で玉コンを見かけると、つい買ってしまうクセがあります。

タイトルとURLをコピーしました