記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

【偏光レンズ】JINS スイッチ インプレ【フリップアップ】

JINS スイッチ インプレッション
やませ

どうも、メガネがないと世の中が見えない者です。今回は、JINS スイッチになります。どうぞ、ご覧ください。

記事の内容
  1. JINS スイッチ 紹介
  2. JINS スイッチ インプレ
  3. JINS スイッチ 要チェックポイント
これらに注目
これを解決
JINS Switch Reading-flip up- JINS Switch Reading-flip up-
スポンサーリンク

JINS スイッチ

JINS スイッチ

JINSから発売されている2WAYグラスで、マグネットによりプレートを重ねることでサングラスや偏光レンズにも変更可能な欲張りモデル。その分なのか、お手頃価格のJINSの中では少々値が張る模様。

スペック

  1. フレーム 軽量樹脂、チタン(シリーズによる)
  2. レンズ  度付きクリアレンズ
  3. プレート 軽量樹脂
  4. 重量   フレーム(レンズ込み)25g前後
  5. 重量   プレート(レンズ込み)11g前後
  6. 値段   11,000〜13,900

レンズ(プレート側)

カラー、偏光、ドライブの3パターンがあるが、シリーズによっては選べないタイプもあります。

シリーズ

クラシック、トレンド、スリムコンビ、フリップアップ、スポーツの5種類がラインナップされており、釣りで使うような偏光タイプは、フリップアップ、スポーツのみに設定されてます。なので実質この二つのシリーズから選ぶことになります。

JINS Switch Reading-flip up- JINS Switch Reading-flip up-

JINS スイッチ インプレ

JINS スイッチ インプレ

フリップアップタイプの偏光レンズを使用。使用しているのは旧モデルなので、多少の違いはあるかもしれません。

重さ

JINS スイッチ 重さ

通常のメガネにもう一枚づつレンズを重ねている状態なので、普段よりは重量感が増します。ですが、釣りをしている限られた時間でしか使用しないのであれば、そこまで気にならないかと思います。特にメガネの上からオーバーグラスをかけるより全然マシです。釣行後の疲労感が違います。

装着感

JINS スイッチ 装着感

普段のメガネが鼻パッド独立型の方は、特に違和感を感じることは無いはずです。ただフレーム一体型を愛用している方に関しては感覚が変わってくると思いますので、最初の購入はネットではなく実店舗で色々と確認したほうがいいです。

見え方

すごく見えるかと言われればそんなことはありません。ですがクリアレンズ状態と比べると、やはり違いがわかるので必要なレベルはクリアしてます。お値段以上とは言えませんが、値段相応かと思われます。

フリップアップ

JINS スイッチ フリップアップ

スイッチのシリーズの中ではギミック的というかフリップアップ機構ですが、釣りの最中にクリアで確認したい時は、跳ね上げるだけで良いのはポイント高いです。度付きのレンズ越しじゃ無いと全然見えないので助かってます。

JINS Switch Reading-flip up- JINS Switch Reading-flip up-

JINS スイッチ 要チェックポイント

外れる