記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

【テンリュウ】ロックアイヴォルテックス RV85B-HH【インプレ】

テンリュウ ロックアイヴォルテックス RV85B-HH(Gori maki) インプレッション
やませ

どうも、ロックフィッシュ用のベイトロッドを探している者です。今回はテンリュウ ロックアイヴォルテックス RV85B-HHになります。どうぞ、ご覧下さい。

記事の内容
  1. テンリュウ ロックアイヴォルテックス RV85B-HH(Gori maki) 紹介
  2. テンリュウ ロックアイヴォルテックス RV85B-HH(Gori maki) インプレ
  3. テンリュウ ロックアイヴォルテックス RV85B-HH(Gori maki) 要チェックポイント
これらに注目
これを解決
スポンサーリンク

ロックアイヴォルテックス RV85B-HH(Gori maki)

テンリュウ ロックアイヴォルテックス RV85B-HH(Gori maki)

遠投と、パワーを活かした強引なファイトで挑む

長さを活かして根をかわしやすく、足場の高いフィールドにも対応。

出典:テンリュウ

公式ではこういう感じに簡単に紹介されています。

もう少し詳しく説明すると、

テンリュウからリリースされているロックフィッシュ用ベイトロッド。ハードロック用のロックアイヴォルテックスの中でも、サブネームのGori maki(ゴリ巻き)の名のとおり、ゴリゴリ巻いて魚を浮かせる事ができるシリーズ最強の一本。

という感じです。

スペック

  • 全長  2.57m(8’5″)
  • 継数  2本
  • 仕舞い 131cm
  • 重量  161g
  • ライン PE1〜2号 モノフィラメント12〜30LB
  • 素材  カーボン82% グラス18%
  • ルアー 14〜45g
  • 金額  38,500

少し重さを感じるかもしれないロッドの重量は、この長さであれば十分許容範囲内に収まっているのでは無いかと思います。

ただ、価格が他社の中、上級モデルと被る事になるので、競合は避けられません。メーカーが宣伝文句的に煽るような事をしていないのは好印象ですが、少しプッシュが弱い気がするのは気のせいですかね。

全体図

テンリュウ ロックアイヴォルテックス RV85B-HH(Gori maki) 全体図

センターカット2ピース。ガイド数は10個。8’5″という長さは少し短いと思う方もいるかもしれませんが、堤防でも磯でも取り回しのしやすさを考えると十分な長さです。

日頃から体を鍛えているアングラーなら長くて硬い重いロッドも振り抜けると思いますが、自分含めて特に何もしていない方が硬いロッドを曲げて振り抜くには、ここら辺がギリギリのラインじゃないかと思います。

ロックフィッシュに限らず、ロッドのジョイント部にはワックスの塗布をお勧めします。固着、すっぽ抜け等のトラブルを軽減しストレスを感じさせません。

ガイド

テンリュウ ロックアイヴォルテックス RV85B-HH(Gori maki) ガイド

ステンレスフレームのSICリング Kガイド仕様となっています。金額的にチタンとステンレスの境目くらいな感じだとは思いますが、ステンレスを採用した意図があるんですかね。どうなんでしょう。使ってる分には気になりませんが。

リールシート・グリップ

テンリュウ ロックアイヴォルテックス RV85B-HH(Gori maki) リールシート・グリップ

リールシートは富士製で、グリップはEVA。シンプルなスタンダードタイプになっています。

ロゴ

テンリュウ ロックアイヴォルテックス RV85B-HH(Gori maki)  ロゴ

ロゴのデザインです。ロッドの型番が記されています。

テンリュウ ロックアイヴォルテックス RV85B-HH(Gori maki) 対応表記

その裏に対応表記が書かれています。そして国産を表すMade in Japan by TENRYUがしっかりと記されています。

テンリュウ ロックアイヴォルテックス RV85B-HH(Gori maki) インプレ