記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

【比較】ミッドカット#906VSローカット#003【ハイパーV】

日進ゴム ハイパーVソール 比較 アイテム
やませ

どうも、何事も滑らない方が良いと思っている者です。今回は日進ゴム ハイパーVソールの比較になります。どうぞ、ご覧下さい。

記事の内容
  1. 日進ゴム ハイパーVソール 紹介
  2. 日進ゴム ハイパーVソール 比較
  3. 日進ゴム ハイパーVソール 要チェックポイント
これらに注目
これを解決
スポンサーリンク

日進ゴム ハイパーVソール

日進ゴム ハイパーVソール

日進ゴムからリリースされている〝滑らない靴〝の代名詞。元々は仕事現場でプロが履く為に開発されたが、手頃な価格設定とその実力が評判を呼び、TVの放送も相まって一般のユーザーにも認知されるようになりました。

ワークシューズということで、各分野用のシューズがラインナップされていますが、普段使い用に選ばれる事が多いのはスニーカータイプかと思われます。

スニーカータイプは大まかに分けると、先芯入りと先芯無しの種類に分けられます。ほぼほぼ同じような感じがしますが、それぞれ使い勝手に差が出てきます。

どちらのタイプも、お値段以上のスペックかと思いますので、普段から愛用している方も多いのではないでしょうか。

先芯入りタイプ

足先にカップが入っており、指先が保護されているタイプになります。安全靴と言われる部類の物になりますが、軽量カップのため靴自体の重量増はそれ程ありません。ワークテイストが欲しい方はどうぞ。詳しい事はコチラをご覧ください。

先芯無しタイプ

普段使い用に考えるのであれば、一番人気のあるタイプです。単純にスニーカーなので色々と応用が効くのもメリットですね。ただ、ファッションスニーカーではないので、色使いやデザインは求め過ぎない方が良いです。詳しい事はコチラをご覧ください。

日進ゴム ハイパーVソール 先芯入りVS先芯無し 比較

日進ゴム ハイパーVソール 比較

先芯入りモデルと先芯無しモデルを以下の項目で比較してみました。主に釣りで使用する事が前提の比較になります。他の用途で使用した場合、評価が逆転する事がある事をご了承ください。

履きごごち

カップ入りの靴を履いたことのない方は少し違和感を感じるかもしれませんが、すぐ慣れると思います。両方ともに特に不満は無い履きごごちです。その為、ここは引き分けで良いと思います。

屈曲性

日進ゴム ハイパーVソール 屈曲性

一番の違いが体感できる部分で一番気になる部分かと思われます。足先を曲げた際にカップで固定されているか、いないかによって足先に感じる圧が違います。

日進ゴム ハイパーVソール 屈曲性 ミッドカット
先芯入り

カップで固定されている分、生地の可動域が制限されます。

日進ゴム ハイパーVソール 屈曲性 ローカット
先芯無し

使用する状況によりますが、足先に負担がかかる事が多い方は、先芯無しの方が良いでしょう。ここは、先芯無しの勝利です。

蒸れ&防寒

先芯入りはカップで覆われている分、足先の蒸気は逃げづらい気がします。ただし、寒くなるとその分防寒の役割を果たしている気がしない訳でもありません。基本どの季節に履いていても、不快になる事はないので引き分けとします。

安全面

カップで守られているだけに、先芯入りの勝利です。安全面に優れているのは当たり前ですが、それだけではなく多少の雨や雪では足先が濡れづらいというメリットにもなります。

日進ゴム ハイパーVソール ローカットVSミッドカット 比較

上では先芯入り、無しで比較しましたが、コチラではスニーカーの形状で比較したいと思います。

機動性