【バサート】ダイワ・スピニング用SCH-D5221B【インプレ】

ジークラフト ダイワ・スピニング用ハンドル  [SCH-D5221B] カスタム
スポンサーリンク
やませ

どうも、カスタムハンドル大好きな者です。今回はジークラフト ダイワ・スピニング用ハンドル [SCH-D5221B]です。どうぞ、ご覧下さい。

記事の内容
  1. ジークラフト ダイワ・スピニング用ハンドル  [SCH-D5221B] 紹介
  2. ジークラフト ダイワ・スピニング用ハンドル  [SCH-D5221B] インプレ
  3. ジークラフト ダイワ・スピニング用ハンドル  [SCH-D5221B] 要チェックポイント
これらに注目
これを解決

ジークラフト ダイワ・スピニング用ハンドル [SCH-D5221B]

ジークラフト ダイワ・スピニング用ハンドル  [SCH-D5221B]

ジークラフトからリリースされているスピニングリール用のカスタムハンドル。以前紹介した同社のバサートハンドル [BCH-D95321】と同様、コチラの商品もジークラフトのオンラインショップでのみ取り扱われている製品となっています。

スペック

  • 素材 カーボン
  • 長さ 52mm
  • 重量 39.2g(ハンドルノブ、ベアリング込み)
  • 金額 2,980

オンラインショップ限定ということですが、コチラの製品もバサートハンドル [BCH-D95321】と同様にお求めやすい価格設定となっています。コチラもフリマやオークションでの過去の同等品の値段を考えると、かなりお得と言えます。

カラー

カラーはブラック、チタンの2つがありますが、既にチタンは売り切れとなっているので、選べるのはブラックのみとなっています。カラーといってもノブの色の事ですので、余裕があるならば対応ノブとなっているSDシリーズと交換すれば良いかと思います。

デザイン

好き嫌いが分かれるところでしょうね。イマドキのリールの標準になっているカタチとは違って湾曲していません。見た目にも影響してくるので、これを許容出来るかが1つのポイントになってくると思います。

ジークラフト ダイワ・スピニング用ハンドル  [SCH-D5221B] インプレ

ジークラフト ダイワ・スピニング用ハンドル  [SCH-D5221B] インプレ

主にバスやライトロック用のリールに取付けています。この製品はダイワ用ですが、IOSファクトリーのSDコネクトを使用してシマノリールにて使用しています。SDコネクトをについてはコチラをご覧ください。

感度

リールの全体的な感度というか、フィーリングが向上したのは感じられます。ただ、良い意味でも悪い意味でもビンカンになっているので、リール本体の余計なノイズも拾うようになりましたね。キチンと整備されているリールなら恩恵を受けられると思いますが、ガチャガチャのリールに取り付けると不快感が倍増するでしょう。

リーリング

50→52mmという事でハンドルの長さが変更になったのも関係しているのでしょうが、ノーマルハンドルと比べて回しやすくなったのが感じられます。感度も上昇しているので、巻き物をメインに組み立てている方にオススメです。

ハンドルノブ

ジークラフト ダイワ・スピニング用ハンドル  [SCH-D5221B] ハンドルノブ

標準装備されているハンドルノブですが、中々の実力があります。形状的に滑りづらいよう段差があり、ノブの幅も一般的な物よりも幅があります。その為、力が必要な際には2フィンガー気味に握り込む事も可能です。ただ、名称が調べても出てこないのと単体で販売されていないので、入手するにはバサートハンドル [BCH-D95321】か、このハンドルを購入する必要があります。

要チェックポイント

軽量化ではない

カーボンハンドルへの交換による軽量化という部分ではあまり意味がないかもしれません。カーボンが使用されているのはハンドルの1部分だけと言うことと、ハンドルノブが大きくなった事もあり、全体的な重量は金属製のハンドルと大差ないです。

LTコンセプト不可

ジークラフト ダイワ・スピニング用ハンドル  [SCH-D5221B] LTコンセプト不可
左がカルディア右がバサート

対応機種を見てもらえるとわかりますが、LTコンセプトの物は対応していません。確認するために、とりあえず手持ちのカルディアLT4000に取付けてみた結果は、やはりNGでした。ハンドルが入るっちゃ入りますがギアが重くなり、あからさまに不具合を感じます。ハンドルの取り付け部の形状が違うのが影響しているのかもしれません。

ジークラフト ダイワ・スピニング用ハンドル  [SCH-D5221B] まとめ

ベイトリールは色々なカスタムハンドルを試してきましたが、スピニングリールのハンドルは交換する意味があるのかと思ってたので今まで試していませんでした。正直体感できるレベルで変わるなら、もっと早く交換しとけば良かったと思います。

とは言え、スピニングリールのハンドル交換はベイトリールより敷居が高いのは事実です。選べる数がベイトよりも圧倒的に少ないのと、最もネックとなるのは高いということです。カーボン、金属製問わずそれなりの有名メーカーしかリリースしていないのも関係してるのでしょうか。

そんな中で、この金額で販売されていれば飛びつくしかありません。リアクションバイトして良いお値段です。シマノ派の方もSDコネクトを利用すれば取り付け可能ですし、SDコネクトを合わせた金額でも現行で販売されている他社製のハンドルと比べれば格安と言えるでしょう。

デザイン的に不満のある方もハンドルのスペックと金額によって、その不満も払拭されるのは間違い無いです。在庫限りの可能性もあるので、欲しい方はお早めに購入した方が良いかと思います。

それでは少しでもこの記事が、スピニングリールのカスタムハンドルの選定のお役に立てれば幸いです。

この記事を書いた人
やませ

ブランクの時期もあったりしますが、幼少の頃より釣りを嗜んでいます。基本イジることが好きなので、釣具以外もカスタムしてきました。出先で玉コンを見かけると、つい買ってしまうクセがあります。

タイトルとURLをコピーしました