【高評価】アブガルシア ワンショルダーバッグ2【紹介&インプレ】

アブガルシア ワンショルダーバッグ2 アイテム
スポンサーリンク
やませ

どうも、機能的なバッグが好きな者です。今回は、アブガルシア ワンショルダーバッグ2になります。どうぞ、ご覧下さい。

記事の内容
  1. アブガルシア ワンショルダーバッグ2 紹介
  2. アブガルシア ワンショルダーバッグ2 インプレ
  3. アブガルシア ワンショルダーバッグ2 要チェックポイント
これらに注目
これを解決

アブガルシア ワンショルダーバッグ2

アブガルシア ワンショルダーバッグ2

アブガルシアよりリリースされている釣り用バッグ。他にも色々なタイプのバッグが用意されているが、アブのオカッパリバッグと言えばコレが浮かんでくる人も多いはず。発売されてから割と経つが、いまだに根強い人気を誇っている。

スペック

  • 重量  約500g
  • 素材  ポリエステル
  • サイズ 24(H)×27(W)×20(D)cm
  • 金額  5,000

このサイズのバッグの値段の相場を考えた場合、メーカー品ということを含めると、それ程高い価格設定ではないと思います。店頭でも見かけることが多いので、実際に他と比較しやすいのではないでしょうか。

カラーリング

現在は4種類ラインナップされていて、ブラック、カモ、コヨーテブラウン、ロイヤルネイビーと単体のバッグにしてはバリエーションが多いです。

生地の違い

カラーによってバッグの生地が違ってきます。ブラックが420Dダブルリップストップポリエステル、カモが600Dフラットポリエステルです。素材の厚みと生地自体の製法が違うので、色だけではなく質感も変わってきます。どちらも耐久性に優れていますので、ガンガン使用できます。

デザイン

ワンポイントで、アブガルシアのロゴが入っているぐらいで非常にシンプルです。どの年代の方でも違和感なく使用できる物だと思います。その為、自分の個性を出したいのならばカラーで差をつけるしかないです。

アブガルシア ワンショルダーバッグ2 インプレ

アブガルシア ワンショルダーバッグ2 インプレ

主に、バス釣りのオカッパリで使用してのインプレです。

収納

メイホウVS-3020が二つ入りますが持ってないので、それに近いサイズの山田科学タフケースW210(200×132×36mm)をふたつ入れた状態です。まだ内部的には余裕があるので、メインポケットの収納は十分あります。手前の前面ポケットにもVS-3010が一つ入りますので、大抵の物は入るでしょう。もし、これ以上持ち歩きたいというのであれば、バッカンスタイルの方がいいかもしれません。

アクセサリー

ロッドホルダー、プライヤーホルダー、ジュースホルダー、サイドポケット、と標準装備でかなり充実しています。オプションで追加できるバッグはありますが、最初から付いていた方が何かと便利です。そして、さらにD環付きストラップとお得感満載です。

ジッパータブ

グローブをしたままでも、簡単に開閉できるジッパータブ。何気ないアイテムですが、とても役に立ちます。釣り人ファーストな仕様が嬉しいですね。

要チェックポイント

アブガルシア ワンショルダーバッグ2 注意点

ワンショルダー

ワンショルダーという名前の通り肩にかけますが、ベルトが左肩にかかるように設計されています。使用するのに不都合が出るかは、好みと慣れの問題かもしれませんので、気になった方は確認して下さい。

ロッドホルダー

標準装備としては珍しいロッドホルダー。ストッパー付きと細かいところにも配慮されていますが、右で投げる方は特に注意が必要です。特にロッドを複数使用の際、片方をホルダーに挿したままキャストしていると、振りかぶった時に間違いなくロッド同士がぶつかります。ぶつからない様に気を付ければ良いと思われるかもしれませんが、キャスト毎に後ろを確認しながらは効率悪いですし、釣りに集中すると絶対に忘れます。

実際それでロッドを破損しているので、もしそういった使い方をするのであれば、そうなる事もあらかじめ頭に入れておいて下さい。

容量

装備が充実している分、だいぶ物が入ってしまいます。そして、バッグに取り付けが出来てしまいます。良い事づくめな様に思われるかもしれませんが、好きなだけ入れると凄く重いです。使用者の体力次第ですが、オカッパリで重い荷物を持ち運ぶのは避けたいところなので、ある程度は厳選しなくてはいけません。

アブガルシア ワンショルダーバッグ2 まとめ

まず、何と言っても使いやすいのは間違いないです。バッグが開けやすく、閉めやすい。そして、横方向に広い形をしているので、物を探しやすく、取り出しやすいとマイナス要素があまりありません。

ですが、あえてマイナス部分とするなら、人気があるだけに他人と被ってしまう事でしょう。しかし、それは機能性の高さの現れだと思って諦めてもらうしかありません。

今までオカッパリに色々なバッグを使ってきましたが、使い勝手といい、耐久性といい、釣り用バッグの中では上位に入る実力を持っています。探せばもっと優れている物や、値段の安い物等、様々な製品が出てくるかもしれませんが、手間がかかるし、絶対に入手できるか分かりません。

その点に関しては、大手メーカーという事でクリアしていますし、知名度もあります。もし気に入ってリピートすることを考えたら、総合的に丁度良い製品と言えるでしょう。少なくとも、購入して失敗したと思われるものではありません。

それでは少しでもこの記事が、釣り用バッグの選定のお役に立てれば幸いです。

この記事を書いた人
やませ

ブランクの時期もあったりしますが、幼少の頃より釣りを嗜んでいます。基本イジることが好きなので、釣具以外もカスタムしてきました。出先で玉コンを見かけると、つい買ってしまうクセがあります。

タイトルとURLをコピーしました